ECポイント

新規登録

会員情報
Maximum length: 20 Required
Maximum length: 20 Required
Email
Minimum length: 8 Maximum length: 12 Required
会社情報
Maximum length: 50 Required
Maximum length: 20
ただいま会社・店舗URLをご登録頂くと、無料ポイント5,000ポイントがもらえるキャンペーン中です!
Maximum length: 400
株式会社ワサビ は、当社が運営するポイントシステムサービス 『 ECポイント』 をご利用いただくにあたり、 会員の皆様に、以下の利用規約を定めます。
【第1章】総 則
第1条 定義
1. 本規約
『 ECポイント』 利用規約
2. 当社
株式会社ワサビ
3. 店長会員
本サービス利用希望者が、本規約に同意の上当社指定の方法で本サービスの利用を申し込み、本サービス会員として当社が登録した本サービスの契約者
4. スタッフ会員
   本サービス利用希望者た店長会員のグループとして紹介されたスタッフ会員も、本規約に同意の上当社指定の方法で
   本サービスの利用を申し込み、本サービス会員として当社が登録した本サービスの契約者
5. 本サービス
『 ECポイント』 ポイント管理サービス
6. 本契約
申し込み完了後開始する利用契約
7. 入金用口座
会員が電子計算機上で管理されるポイントを購入する際、ポイント購入代金の入金を行うために、当社が用意した金融機関の入金用口座
8. ポイント
会員が本規約第6条に定める対象サービスの利用料金等の支払いを行うためのデータ
9. キャンペーンポイント
会員が無償で受け取ることができるポイント
第2条 本サービスの内容
本サービスは、電子計算機上で管理される会員が利用可能なポイントを、本規約第6条に定める対象サービスの利用料金等支払い時に充当するサービスです。対象サービスの利用料金等の支払い時に、決済方法として本サービスを選択し、利用料金等をポイントで支払うことができます。なお、第21条に定めるオートチャージ機能を利用している会員は、利用可能ポイント残高の範囲を超えて、各対象サービスの利用料金等の支払いをポイントにより行うことができるものとします。
第3条 利用規約への同意
1. 当社がインターネットを通じ提供する本サービスをご利用いただくにあたり、本規約を定めます。 また、会員は新規利用開始時、および利用継続中において、本規約に同意されているものとみなします。この本規約に同意いただけない場合には、本サービスを利用することができません。
2. 会員と当社の連絡手段は電子メールで行うものであり、会員は常に連絡が取れる電子メールアドレスを当社に登録しなければならず、連絡が取れなかったことによる会員の不利益および損害等について当社は何らの損害賠償も行わないものとします。
第4条 当社と会員との合意
当社と会員は以下の事項について合意、了承するものとします。
1. 本サービスの利用は、会員自身の責任において行うものとします。
2. 本規約の規定が無効または履行不能とみなされる場合は、該当する一部の規定のみが無効となり、残りの規定は無効とならないものとします。
3. 本サービスは銀行業務ではなく、ポイントの管理サービスです。
4. 当社は、会員の資金に関する財産管理、資産運用、エスクロー業務等を行うものではありません。
第5条 規約の変更
1. 当社がオンラインまたはその他の手段を通じ、随時会員に対して発表する諸規定は本規約の一部を構成するものとします。
2. 当社は、本規約をいつでも変更、追加、削除することができるものとします。また、これらの変更がなされた本規約は、本サービスウェブページ上にて掲載することとし、掲載とともに効力を有するものとします。
3. 変更がなされた本規約が本サービスウェブページ上に掲載された後に、会員が本サービスの利用を継続した場合は、本規約の変更、追加、削除に同意したものとみなします。会員が本規約の変更、追加、削除に同意できない場合は本サービスの利用を終了しなければなりません。
第6条 対象サービス
1. 本サービスでの決済がご利用可能な対象サービスは、別途 「ECポイント!」 のページに記載するものとします。
2. 対象サービスが追加・変更された場合、その告知は本サービスウェブページ上にて行うものとします。
3. 本サービスと対象サービスは異なるものであり、対象サービス利用時には別途各対象サービスの利用規約への同意が必要となります。
第7条 付加サービス
当社または、当社と提携会社は本サービス以外に付加サービスを会員に提供することがありますが、当該付加サービスの利用に関する詳細および規約は別途定められた規定に従うものとします。付加サービスに関する事項で、付加サービスの規約に定めのない事項については、本規約の規定を準用するものとします。なお、付加サービスの規定に本規約の規定と異なる規定がある場合には、付加サービスの規定を優先して適用するものとします。
第8条 問い合わせ
1. 本サービスに関するすべての問い合わせについては、当社が指定する電子メール等の方法によるものとし、当社が指定する方法以外での問い合わせに対し、当社は対応する義務はないものとします。
2. 当社はIDおよびパスワード等の電話による問い合わせに関して、問い合せ者が会員本人であっても、電話による回答はしないものとします。
【第2章】本サービス利用
第9条 本サービスの申し込み
1. 本サービス利用希望者は本規約を承諾の上、当社が指定する手続きに基づき本サービスの利用を申し込むものとします。
2. 会員登録手続は、会員となるご本人が行うものとし、代理による登録は一切認められないものとします。
3. 当社に会員登録されている名義人を会員本人であるとみなします。
4. 他の本サービス会員または第三者により、会員名義での会員登録手続やポイントの購入等が行われたとしても、当社に会員登録されている会員本人による行為であるとみなします。
5. 本サービス利用希望者が未成年者の場合、親権者の同意が必要となります。
6. 当社が本サービス利用希望者の申込みを受け付けた場合、本サービス利用希望者に対し登録確認の電子メールを送信します。その後、当社が登録完了の電子メールを送信した時点で、本契約が成立したものとし、本サービス利用希望者は本サービス会員として登録されます。
7. 本契約が成立後、当社は会員が本サービスを利用する上で必要なIDおよびパスワードを発行するものとします。
8. 当社は、会員に申込み内容に関して本人確認等のための資料のご提出を求めることがあります。
9. 本契約の申込み後、会員が以下のいずれかに該当することが判明した場合、当社は何らの通知、催告することなく、本契約を取消すとともに会員の登録したデータ等をサーバーから削除することができるものとします。会員が以下のいずれかに該当し、それにより、当社、他の本サービス会員または第三者が損害を被った場合、会員は当社、他の本サービス会員または第三者に対して、当社、他の本サービス会員または第三者が被った損害を賠償するものとします。
1. 本規約または各対象サービス利用規約に違反する行為または違反するおそれのある行為であると当社が判断した場合
2. 会員が暴力団等反社会勢力に所属していると認められた場合、または会員関係者のうちに暴力団等反社会勢力に所属する者がいると認められた場合
3. その他、当社が会員の本サービスの利用について不適切であると判断した場合
10. 当社が本規約に基づき本契約の取消しを行った場合、会員、他の本サービス会員または第三者に生じたいかなる損害に対しても、当社は一切責任を負わないものとします。
第10条 本サービスの利用停止
1. 以下のいずれかに該当する場合、当社は理由の如何に関わらず会員に対する本サービスの提供をただちに停止し、会員に対し利用停止処分または会員資格の喪失を行うものとします。また、会員の本規約違反または各対象サービス利用規約違反により当社に損害を与えた場合には当社が会員に対し損害賠償請求することができます。
1. 本規約または各対象サービス利用規約に違反する行為または違反するおそれのある行為であると当社が判断した場合
2. その他、当社が会員の本サービスの利用について不適切であると判断した場合
2. 前項に基づいて当社が本サービスの提供を停止、もしくは会員資格を喪失させたことにより、会員、他の本サービス会員または第三者に生じた損害等については、当社は一切責任を負わないものとします。
第11条 本サービスの解約および会員資格の喪失
1. 会員は、本サービスの解約手続きを希望する場合、当社が提供する会員専用ページからいつでも行えるものとします。
2. 会員の解約により、当社が本サービスで管理している会員の利用可能ポイント残高および留保されている会員のポイントに関する権利はすべて消滅するものとし、会員が保有しているポイントの一切が、会員の同意なくかつ無償で、消滅するものとします。また、本サービスで提供する入金用口座などについても自動的に消滅するものとします。
3. 本サービスを利用して利用料金等を支払った各対象サービスのうち、すべてのサービスの契約が終了した日から2年間本サービスを利用しなかった場合は、本サービスの会員資格を喪失するものとします。ただし、会員資格の喪失以前に、本サービスのコントロールパネルへログインした場合は、そのログイン日より2年間本サービスの会員資格がさらに継続するものとし、以後も会員資格が継続している間にコントロールパネルへログインした場合は、さらに2年間会員資格が継続するものとします。
4. 会員資格の喪失により、当社が本サービスで管理している会員の利用可能ポイント残高および留保されている会員のポイントに関する権利はすべて消滅するものとし、その会員が保有しているポイントの一切が、会員の同意なくかつ無償で、消滅するものとします。また、本サービスで提供する入金用口座などについても自動的に消滅するものとします。
5. 本サービスの解約もしくは会員資格の喪失のうち、いずれの場合でも、ポイント購入等で既に当社に支払ったすべての料金の返金およびポイントの換金等は一切行われないものとし、会員はこれをあらかじめ了承するものとします。
6. 会員は、本サービスを解約または会員資格を喪失した後も、会員に関連するあらゆる義務についてはその責任を負うものとします。
第12条 変更の届出
1. 会員は申込み時に申告した登録内容に変更があった場合、直ちに会員専用ページにて、会員自身でその登録内容の変更を行うものとし、当社への電子メールまたはお問い合わせフォームを通じての登録内容変更依頼は無効とします。
2. 会員が直ちに登録内容の変更を行わなかったことにより会員または第三者に生じた損害等については、当社は一切責任を負わないものとします。
第13条 当社からの通知等
1. 当社が通知等を行う必要があると判断した場合、電子メール、書面または当社のウェブページに掲載するなど、当社が適当と判断する方法により随時通知等するものとします。
2. 前項における電子メールの通知にあたっては、会員が登録している電子メールアドレスを通知先 メールアドレスとします。
3. 当社が第1項の通知等を本サービスのウェブページ上で行う場合は、当該通知等をウェブページに掲載した日をもって、会員に当該通知等が到達したものとみなします。また、電子メールによって通知等を行う場合には、当社が会員に対して電子メールを発信した時点をもって、会員に当該通知等が到達したものとみなします。
4. 当社が会員に対して本条記載の方法により通知した場合において、当社からの通知が会員に到達しなかったとしても、当該不到達に起因して発生した損害について、当社に故意または重過失がない場合、会員または他の第三者が被った損害について当社は一切の責任を負わないものとします。
【第3章】ポイント
第14条 ポイントの購入
1. ポイント換算比率は日本円1円あたり1ポイントとします。
2. ポイントの購入は、別途当社が定める決済方法において支払いを行うものとします。
3. 購入したポイントは、会員の利用可能ポイントとしてその残高のデータを記録します。
4. 累積ポイントの上限は50万ポイントとします。但し、支払方法のうち一部の支払方法では、一回あたりのポイントの購入金額の上限を5万円(手数料を含む)とします。
5. 前項本文の規定は、当社が承諾した場合はこの限りではありません。
6. 購入されたポイントは、当該利用可能ポイント残高の範囲内で、各対象サービスにおいて利用できるものとします。なお、第21条に定めるオートチャージ機能を利用している会員は、当該利用可能ポイント残高の範囲を超えて、各対象サービスにおいてポイントを利用できるものとします。
7. 金融機関に支払う振込手数料や、別途当社が定めるコンビニエンスストア支払での決済手数料等その他の費用は、会員の負担とします。
8. 会員は別途当社が定めるいずれの支払方法を選択した場合も、不備があった場合は、直ちにお問合せフォームにてその旨を当社へ連絡するものとします。
9. 当社が会員の入金した事実を確認できない場合で当社に故意または重過失がない場合、会員または他の第三者が被った損害について当社は一切の責任を負わないものとします。
10. ポイント購入等で既に当社に支払ったすべての料金の返金および支払いのキャンセル等は一切行われないものとし、会員はこれをあらかじめ了承するものとします。
第15条 ポイントの利用
1. 当社は、会員の利用可能ポイントを店長会員ごとに管理・保管します。会員は、そのポイントを当社が指定する対象サービス利用料金等の支払いに利用できます。
2. 会員はあらかじめ、各対象サービスのウェブページにアクセスした後、本サービスを利用するための認証手続きを本サービスウェブページ上にて行います。
3. 店長会員は各対象サービスの利用料金等支払い時に、本サービスでの支払方法を選択します。この際、前項の認証手続きが完了していない場合は、決済方法選択後に認証手続きを行うものとします。
4. 利用料金等の支払いに必要となるポイントが、利用可能ポイント残高の範囲内であることが確認された場合、本サービスの利用可能ポイント残高から利用料金等に該当する分のポイントを差し引き、各対象サービスの利用料金等支払いに充当します。その際、利用可能ポイント残高データを更新します。なお、第21条に定めるオートチャージ機能を利用している会員は、利用可能ポイント残高の範囲を超えて、各対象サービスの利用料金等の支払いをポイントにより行うことができるものとします。
5. 会員がポイントを利用した場合、利用した分のポイントは消滅するものとします。
6. ポイントの利用は、当社が会員からの入金を確認後、利用可能ポイント残高としてデータが反映した後に利用可能となります。なお、第21条に定めるオートチャージ機能を利用している会員は、利用可能ポイント残高がない状態であっても、ポイントを利用することができるものとします。
7. 既に利用されたポイントの返還は一切行わないものとし、会員はこれを了承するものとします。
第16条 ポイントの有効期限
1. キャンペーンポイントを除くポイントの有効期限は、解約時点または会員資格喪失時点までとします。
2. ポイントの有効期限経過後は、留保されている会員のポイントに関する権利はすべて消滅するものとし、その会員が保有しているポイントの一切が、会員の同意なくかつ無償で、消滅するものとします。
3. ポイントの有効期限が経過したためポイントが消滅した場合でも、ポイント購入等で既に当社に支払ったすべての料金の返金およびポイントの換金等は一切行われないものとし、会員はこれをあらかじめ了承するものとします。また、本サービスで提供する入金用口座などについても自動的に消滅するものとします。
第17条 対象サービスからの返金時
1. 会員が支払い済みの各対象サービスの利用料金等の返金に関しては、会員が契約中の各対象サービスの利用規約等に基づくものとします。
2. 各対象サービスの利用料金等を本サービスで支払った場合で、返金がある場合の返金の方法は、支払い済み利用料金に該当するポイント分を会員へ返還し、利用可能ポイント残高としてデータが反映されるものとします。
第18条 ポイント不足時
会員が保有するポイントが、会員が料金支払いをしようとしている対象サービスの決済代金に対し不足している場合、当該支払いはできないものとします。この場合、会員は不足分以上のポイントを追加購入し、当社が会員からの入金を確認後、追加したポイントが利用可能ポイント残高としてデータが反映した後に、追加分のポイントを各対象サービスの利用料金支払い等に利用することができるものとします。なお、第21条に定めるオートチャージ機能を利用している会員は、会員が保有するポイントが、料金支払いをしようとしている対象サービスの決済代金に対し不足している場合であっても、当該支払いをできるものとします。
第19条 ポイントの換金
当社は、いかなる理由があっても、会員が購入したポイントの換金を行わないものとします。
第20条 キャンペーンポイント
1. 会員は当社や提携会社等が実施するキャンペーンにより、キャンペーンポイントを付与されることがあります。
2. キャンペーンポイントを付与された場合、各対象サービスの利用料金等支払い時に、自動的にキャンペーンポイントから優先して使用されます。
3. 複数のキャンペーンポイントが付与されている場合には、有効期限の近いものから使用されます。
4. 付与されたキャンペーンポイントに有効期限が設定されている場合、有効期限までに利用されないポイントは、有効期限翌日に未使用ポイント数が利用可能ポイント残高より減算されます。
5. 付与されたキャンペーンポイントに有効期限が設定されていない場合、ポイントの有効期限は、解約時点または会員資格喪失時点までとします。
6. キャンペーンポイントも換金できません。
第21条 オートチャージ機能(対応予定)
1. 会員は、本サービスのオートチャージ機能を利用する場合、あらかじめ当社の定める方法に従い、クレジットカード情報を登録するものとします。登録されたクレジットカード情報は決済代行会社に保管され、当社の管理するサーバー内に保存されるクレジットカード情報はカード番号の下4桁と、カード会社種別になります。
2. オートチャージ機能を利用する会員は、利用可能ポイント残高が不足した場合でも、利用可能ポイント残高の範囲を超えて、各対象サービスの利用料金等の支払いにポイントを利用することができます。利用可能ポイント残高の範囲を超えて、各対象サービスの利用料金等の支払いをした場合、利用可能ポイント残高は「-」(マイナス)表示になります。なお、ポイントの利用可能額の上限は、会員が利用するクレジットカード会社の承認する金額となります。
3. 当社は、毎月1日に前月末日時点の会員の利用可能ポイント残高を計算し、マイナス分のポイント購入の決済を、登録されたクレジットカードで行います。ポイント購入の決済は、前月末日の日付で行われます。
4. 前項の規定にかかわらず、1ヶ月の利用可能ポイント残高のマイナス分が5万円を超過した場合は、その時点でマイナス分のポイント購入の決済を行います。但し、マイナス分のポイント購入の決済に失敗した場合には、利用可能ポイント残高のマイナス分が5万円を超過するときに請求された各対象サービスの利用料金等のみ、オートチャージ機能による支払いができないものとします。
5. 当社は、会員の登録したクレジットカードの有効性を毎月決済代行会社に確認します。クレジットカードの有効性の審査において利用できないクレジットカードであると決済代行会社に判定された場合、判定日の翌月から、オートチャージ機能を利用することができないものとします。但し、会員が、改めて有効なクレジットカード情報の登録を行った場合は、再度オートチャージ機能を利用することができます。
6. 会員は、オートチャージ機能の利用をやめる場合、当社が定める方法に従い、登録されたクレジットカード情報を削除しなければならないものとします。オートチャージ機能の利用をやめる際に利用可能ポイント残高がマイナスの場合には、登録されたクレジットカードで、マイナス分のポイント購入を行わなければならないものとします。
7. オートチャージ機能を利用したポイント購入の決済金額に誤りがあった場合には、当社は、その内容を訂正し、再度正しい金額で決済を行うことができるものとします。
8. 会員がオートチャージ機能の利用をやめた後において、当社が会員に請求すべきポイントがあったことが明らかになった場合には(決済金額に誤りがあった場合等)、会員のクレジットカード情報が削除された後であっても、当社は当該クレジットカードによって必要なポイント数分の決済ができるものとします。
【第4章】利用上の義務
第22条 会員の設備等
会員は、本サービスを利用する為に必要な通信機器やソフトウェア、通信回線などのすべてを会員の責任と会員の費用で準備し、操作、接続等をするものとします。
第23条 IDおよびパスワードの管理責任
1. 会員が登録したIDおよびパスワードは会員本人のみが使用することができ、他の本サービス会員または第三者に使用させること、譲渡すること等は一切できません。
2. 会員は、本規約に基づき発行されたIDおよびパスワードの管理、使用についての責任を持つものとし、他の本サービス会員または第三者によりIDおよびパスワードの不正使用等があった場合、会員が一切の責任を負うものとします。
3. 当社は、ポイント利用時に入力されたIDおよびパスワードが登録されたものと一致することを当社が所定の方法により確認した場合には、会員による使用とみなします。それが第三者による不正使用であった場合でも、当社は利用されたポイントを返還せず、会員に生じた損害について一切責任を負いません。
4. 当社は、会員のIDおよびパスワードの利用に際し、会員と他の本サービス会員または第三者との間でトラブルが生じた場合は、会員の責任においてこれを解決するものとし、当社は解決のためのあらゆる義務を負わず、また一切の責任を負わないものとします。
5. 当社は会員からのIDおよびパスワード等の問い合せに対して、当社の別途定める通信方法により回答するものとします。この場合、当社は会員に対して本人確認等のための資料のご提出を求めることがあります。
第24条 禁止事項
1. 会員は本サービスを利用するにあたり、下記に該当する行為またはそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。なお、本条において 『 第三者等 』 とは、第三者の他に、会員以外の他の本サービス会員および当社を含むものとします。
1. 法令に違反する行為、犯罪行為、およびそれらを教唆・幇助する行為
2. ID、パスワード、電子メールアドレス等および本サービスの会員の資格を不正に使用する行為、または当社の許可なく第三者等に転売、再販売、譲渡、貸与、使用、もしくはこれに類する行為、または質権の設定等その他担保に供する行為、もしくは当社の許可なく本サービスを第三者等に利用させる行為
3. サーバーまたはネットワークへ著しく負荷をかける行為
4. サーバーその他第三者等のコンピュータに他人になりすましてアクセスする行為
5. サーバーその他第三者等のコンピュータに不正にアクセスする行為
6. 本サービスのプログラムのバグ等の不具合の利用または悪用をする行為
7. 不正アクセス行為の禁止等に関する法律に違反する行為、電子計算機損壊等業務妨害罪 ( 刑法第234条の2 ) に該当する行為の他、第三者等のコンピュータに対して不正な操作を行う行為
8. 本サービス上に掲載された情報、または第三者等のサーバー若しくはコンピュータに登録された情報を改ざんおよび利用する行為
9. コンピューターウィルス等有害なプログラムを使用または提供する行為
10. 当社に虚偽の情報および内容を申告または登録する行為
11. 公序良俗に反する行為若しくはそれを助長する行為、または公序良俗に反する情報を掲載する行為
12. 賭博または賭博類似行為への利用
13. 当社のインターネットサービス提供および運営に支障を来す行為
14. 第三者等のクレジットカード情報、ID、パスワードその他の情報を取得する行為
15. 不正行為または犯罪に関与する資金によりポイントが購入、利用、譲渡、受領された場合や、その可能性がある行為
16. 暴力団等の反社会的勢力と関連すること、また名目を問わず資金提供その他の取引を行う行為、またはそれらに該当すると当社が判断した場合
17. 会員自らまたは第三者を利用して、当社、他のサービス会員または第三者に対して、業務妨害、詐術、粗暴な行為、不当な負担の要求、暴力的行為または脅迫的言動等を行う行為
18. 第三者等の権利を侵害する行為または第三者等に不利益を与える行為
19. 第三者等になりすましてポイントおよび登録情報等を操作する行為
20. 本サービスまたは当社の各サービス、または同様のサービスを、有償無償を問わず第三者に提供もしくは再販売、あるいは転売する等の行為
21. 本サービス内外を問わず、本サービスおよびその他当社が提供する各サービスの信用および名誉等を傷つける行為
22. 本サービスに関して、事実に反する、またはそのおそれのある情報を提供する行為
23. 過去に本規約違反または当社の各サービスの利用規約違反等により、会員に対し利用資格の取消し、除名処分が行なわれた場合で、その当該会員が本サービスを利用する行為
24. 利用の申込み等その他必要な手続きを当社の指定するまたは要求する通りに行わない行為
25. 本サービスやシステムの運営上、その妨げとなる行為
26. 当社の競合他社等が当社の業務内容を調査する目的で契約を行う行為
27. 会員の故意または過失により第三者等に何らかの不利益を生じさせる行為
28. 本規約のいずれかの条項に違反する行為
29. 会員が契約中である各対象サービス利用規約のいずれかの条項に違反する行為
30. その他、当社が不適切と判断する行為
2. 前項に定める禁止行為の有無についての判断は、当社が行うこととし、当社は会員に対してその内容や該当事項、根拠、解釈等の説明を要しないものとします。当該判断は、社会通念上合理的と認められる根拠に基づいて行われれば有効とみなされるものとし、会員は当該判断に対し、何ら異議を述べることはできないものとします。
第25条 会員の規約違反
1. 本規約ならびに関連規約および、本サービスのウェブページ記載の諸規定に会員が違反した場合、または違反していると当社が判断した場合は、本サービスは、当事者だけでなく、関連すると思われる、または疑いのあると判断する会員のID、パスワードを即座に停止し、強制的に利用できない状況とする権利を有するものとします。
2. 前項の場合、当社は違反者およびその関係者が購入したポイントをすべて消滅させることができるものとします。
3. 会員およびその関係者の本規約違反行為により、当社が被害を受け、または被害を受けるおそれがある場合は、当社は当社のプライバシーポリシーに関わらず、会員およびその関係者の取引履歴、入金出金情報、個人情報などを捜査機関等に提出できるものとします。
4. 当社は、会員が本規約に違反していると当社が判断した場合、本規約に違反した会員またはそれに関与した者すべてに対し、本サービスの利用停止および会員資格の喪失、ポイントの消滅等の利用の制限を行うことができるものとします。
5. 違反の再発の可能性があると当社が判断した場合は、当社は、当該会員、当該会員の同居人、家族、同組織所属者、関係者、取引先等などの本サービス利用を禁止することができるものとします。
【第5章】当社の責務
第26条 会員間の情報
1. 本サービス内外を問わず、会員と他の本サービス会員もしくは第三者等との間で直接なされた情報の授受、およびそれに付随して行われる行為について当社は一切責任を負いません。
2. 本サービス会員同士、または会員と第三者間のトラブルに対して当社は一切責任を負いません。
第27条 個人情報等の保護および法令遵守
1. 当社は、個人情報等を、原則として会員本人以外の者に開示、提供せず、本サービスの提供のために必要な範囲を超えて利用しません。当社が取得した会員の個人情報は、別途定めるプライバシーポリシーに従って取り扱われます。
2. 当社は、刑事訴訟法第218条 ( 令状による差押、捜索等 ) その他同法の定めに基づく強制の処分が行われた場合には、当該法令および令状に定める範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。
3. 当社は、警察官、検察官、検察事務官、国税職員、麻薬取締官、弁護士会、裁判所等の法律上照会権限を有する者から照会を受けた場合、緊急避難または正当防衛に該当すると当社が判断するときは、法令に基づき必要と認められる範囲内で個人情報等の照会に応じることができます。
4. 当社は、サーバー設備の故障その他のトラブル等に対処するため、会員のデータを複写する場合があります。かかる場合があることを会員は予め了承するものとします。
【第6章】損害賠償等
第28条 損害賠償
1. 当社は、会員に対し、本サービスの利用により発生した一切の損害について、当社の故意または重過失の場合を除き、いかなる責任も負わないものとし、当該損害の賠償をする義務もないものとします。万一、当社の故意または重過失が理由で会員に損害が発生した場合は、会員が過去1年間に購入したポイント数の購入料金を限度として損害賠償責任を負うものとします。
2. 会員が本規約または本規約の一部を構成している諸規定、関連規約に違反したことを理由に当社が会員の登録内容、情報を削除し、会員の資格を停止・喪失し、本サービスおよび会員のID、パスワードを停止、無効 ( ポイントの消滅を含む ) 等したことにつき、一切の損害賠償義務を負わないものとします。
3. 会員が本サービスの利用によって他の本サービス会員または第三者に対して損害を与えた場合、会員は自己の責任と費用をもって解決し、当社に損害を与えることのないものとします。この場合、他の本サービス会員または第三者が当社に対して責任を追及したために当社が防御費用 ( 弁護士報酬および訴訟費用を含む ) 、損害賠償金の支払い、和解金の支払いその他の損害を被りまたは費用の支出をしたときは、会員は、直ちに、当社の損害および支出した費用を賠償するものとします。
4. 会員が電子メールの大量配信を行ったことにより、本サービスの運営に影響が生じた場合、当社は 『 威力業務妨害 』 等による刑事告発または損害賠償の請求を行うことができるものとします。
5. 会員が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって当社に損害を与えた場合、当社は会員に対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。
第29条 免責事項
1. 会員の不注意または注意義務の懈怠等によって発生した事故および損害は、会員がすべての責任を負い、当社は一切の責任を負わないものとします。
2. 本サービスにおけるポイント購入手続きおよび本サービスの利用に際して、合理的な範囲内で即時に処理するよう努めますが、提携会社の都合および様々な外的要因によって当社のサービスに遅れが生じることがあり、業務に遅延などが生じる場合がありますが、これらにより会員が損害を受けた場合であっても当社および提携会社は一切責任を負わないものとします。また、これを理由としたポイントの返還、返金、損害賠償等も行わないものとします。
3. 当社は、本サービスにおいて、会員間または会員と第三者の間で生じたトラブル ( 違法または公序良俗に反する行為の提案、名誉毀損、侮辱、プライバシー侵害、肖像権侵害、詐欺、脅迫、誹謗中傷、いやがらせ等 ) に関して、一切の責任を負わないものとします。この場合、他の本サービス会員または第三者が当社に対して責任を追及したために当社が防御費用 ( 弁護士報酬および訴訟費用を含む ) 、損害賠償金の支払い、和解金の支払いその他の損害を被りまたは費用の支出をしたときは、会員は、直ちに、当社の損害および支出した費用を賠償するものとします。
4. 以下の場合本サービスを一時的停止またはサービスの終了を行う場合がありますが、これら事項により、会員に損害が発生しても、当社および提携会社は一切責任を負わないものとし、その損害賠償には応じないものとします。
1. サーバー、通信回線もしくはその他の設備の故障、障害の発生またはその他の事由により本サービスの提供ができなくなった場合
2. システム ( サーバー、通信回線や電源、それらを収容する建築物などを含む ) の保守、点検、修理、変更を定期的にまたは緊急に行う場合
3. 火災、停電などにより本サービスの提供ができなくなった場合
4. 地震、噴火、洪水、津波等の天災、疫病の蔓延等、その他不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合
5. 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等その他不測の事態により本サービスの提供ができなくなった場合
6. 法令による規制、司法命令等が適用された場合
7. その他、運用上、技術上当社が本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合
5. 会員は、本規約または本規約の一部を構成している諸規定、関連規約に違反した場合、または本サービスおよび各対象サービスの利用において法令違反や他の本サービス会員または第三者の権利を侵害した場合、他の本サービス会員または第三者からのすべてのクレームまたは請求 ( 弁護士費用を含む ) に会員自ら対応し、当社、提携会社、当社親会社、当社子会社、関連会社、役員、ならびに従業員に、損害を与えないことに同意するものとします。
6. 当社は、本サービスの内容および会員が本サービスを通じて得る情報、情報の利用により得た成果等について、その完全性、正確性、確実性、有用性、合法性等いかなる保証も行いません。
7. 本サービスの内容が不正アクセス行為等により改ざんされたことによって会員に障害が生じた場合であっても当社は責任を負わないものとします。
8. 当社は、当社のウェブページ、サーバー、ドメインなどから送られる電子メールに、コンピューターウィルス等の有害なデータ・情報が含まれていないことを保証いたしません。
【第7章】雑則
第30条 知的財産権
当社が提供する本サービス上で、当社が掲示した情報等に関する著作権等の知的財産権は、別段の定めのない限りすべて当社に帰属し、当社の許可がない限り利用することはできないものとします。
第31条 準拠法
本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本国法が適用されるものとします。
第32条 解釈および管轄裁判所
1. 本規約の解釈をめぐって疑義が生じた場合、当社は合理的な範囲でその解釈を決定できるものとします。
2. 当社と会員との間におけるすべての紛争については、訴額に応じて京都地方裁判所又は京都簡易裁判所を第一審の専属管轄裁判所とすることを予め合意します。